夜行バスを利用する計画があるならば

帰省や旅行などを目的として、夜行バスを利用する計画があるならば、事前に心得ておきたいことがあります。それは、夜行バスで移動している間のマナーです。夜行バスには、不特定多数の方々と乗り合わせることになりますので、マナー違反をすると迷惑がかかります。そのような事態を回避するためにも、あらかじめ情報収集を行いましょう。もしも一人で夜行バスに乗る場合には、一人用のイスが並んでいるタイプがおすすめです。隣の人に腕や肘が触れる心配がありません。また、カーテンで仕切られているタイプならば、プライベート空間を確保することができます。事前に夜行バスに関する情報を集める時は、写真や見取り図で内部の様子を確かめましょう。

乗車する前から準備を始めよう

車内で迷惑をかけないためにも、夜行バスに乗る前から準備しておきたいことが幾つかあります。まずは、食事について配慮することが大切です。たくさん食べ過ぎると、バスに酔ってしまう怖れがあるからです。消化の良い食事をしたり、酔い止めの薬を飲んだりしておくことをおすすめします。また、夜行バスに乗車する前は、お酒を控えましょう。車内にお酒の匂いが充満するからです。さらに、歯ぎしりやイビキの心配があるならば、防止に役立つアイテムを購入しましょう。唇に貼るだけのアイテムも販売されています。マスクを着用したり、枕で首を固定したりする方法も効果的です。尚、音楽を聞きながら車中を過ごしたい場合は、音が漏れないイヤホンを用意しましょう。